シングルマザーは貧困層が多い?

シングルマザーは貧困層が多い?

シングルマザーの多くは貧困層と呼ばれる人たちです。

様々な要因から、どれだけ頑張っても貧困層と呼ばれるほど苦しい生活を虐げられています。

何故こんなにも貧困層が多いのか。

それにはこんな理由がありました。

これはシングルマザーじゃない人たちにも知ってもらいたい現状です。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得情報ゲット!

シングルマザーの苦難

シングルマザーというだけで、こんなにも待遇が悪くなる場合があります。

この現状を改善するには、もっとたくさんの人がこの現状を知るべきです。

収入が少ない

親が一人となるだけで勿論収入は激減します。

特に女性の場合、子育てもあるので元々パートだという人が多いです。

その中で離婚してしまうと、パートでの収入なんて大概10万以下の収入でしょう。

それでももう我慢出来ずに離婚を選ぶほど追い込まれてるので、仕方ない事なのは私も当事者でしたしわかります。

離婚出来て精神的に解放されますが、お金の問題としてはかなり追い込まれてしまいます。

月10万以下では、自分一人だとしても生活出来ません。

だからと言ってそのまま結婚生活を続けていては、精神が崩壊してしまう人もいます。

ここはとても難しい問題ですよね。

子育てと仕事の両立が困難

小さな子供がいると、どうしてもフルタイムで働くことが難しくなっています。

子育てや家事を優先するのは当たり前の話です。

となると、どうしても非正規雇用しか選択肢がありません。

シングルマザーの貧困層が増えているのは、ここに原因があります。

給与や待遇が悪い

非正規雇用となると、どうしても待遇が悪くなってしまいます。

急な休みに対応してもらえる面もありますが、人件費を削減する際は真っ先に削られるのも非正規雇用です。

サボっているわけじゃないにせよ、急な休みを取ってしまうと会社に迷惑がかかります。

そのせいで削られる要員になり、待遇が悪くなってしまうのです。

病気やケガをすると収入がなくなる

一人で頑張っている分、体への負担も大きくなります。

非正規雇用の場合、固定給ではなく働いた分だけ収入になるので、病気やケガをすると収入がなくなってしまいます。

ただでさえ収入が少なくて蓄えがない中での収入0は命にかかわります。

これは思っている以上に深刻な問題です。

養育費が貰えない

離婚をしてから本来貰える養育費が貰えないということが多々あります。

それは相手に支払う能力がなかったり、支払う意思がないせいでこの問題がおきます。

養育費は権利であって義務ではありません。

離婚する前にちゃんとした取り決めをしていないのが大きな要因でしょう。

この問題を解決するのに弁護士を雇うのもまたお金がかかります。

だからと言って必要以上に関わりたくない。

こんなところから、養育費を貰えないまま泣き寝入りになるパターンも多いのです。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得情報ゲット!
TOPページを見る